【旅行記】ワーケーションで札幌へ。その2

こんにちは!しえのです。

札幌ワーケーションの続編ですね。

札幌は魅力的なクラフトビール店が多く、札幌編の一連の中で紹介するよりも別建てで紹介しちゃいました。

今回はクラフトビール以外のところで訪れた所を紹介したいと思います!

訪れた場所の全体マップはこちら!

気軽な立ち飲みなのにしっかり美味しい「せいすスタンド」

狸小路からちょっと外れたところにある立ち飲み屋です。

と言ってもお店は新しくガラス張りなので中の様子がよく見えます。

スタッフの女性たちは着物でしていたりとなかなか風情があります。

本格的な台湾茶が楽しめる「札幌茶楼 茶譜」

次にご紹介するのは台湾茶のお店。

台湾繋がりの友人が紹介してくれました。

小ぶりなお店ながら本格的な台湾茶と静寂の時間を楽しめます。

レトロな電気ケトルがゴトゴト鳴る音だけを聞きながらお茶を楽しめます。

お茶の種類も豊富なので、お店の人と相談しながら選ぶのも良いと思います。

常連と思しき人たちはお店の人と話すの目的に気軽に立ち寄られている様子でした。

クロワッサンのサンドが美味しい「カフェクロワッサン 札幌南一条店」

朝ごはんに訪れたカフェクロワッサン。

席数が多く、広い店内にも関わらず人が少なくて快適でした。

サンドとコーヒーを頂きつつも、割と仕事も出来ちゃいそうな環境でしたね。

北海道らしいカニ味噌ラーメンが食べられる「CRAB GANG」

北海道といえば味噌ラーメン。

それらしいお店ということでCRAB GANGというお店にトライしました。

四角い丼がユニーク

味噌ラーメンにカニの風味が香るラーメンはまさに北海道スタイル。

非常においしかったです。

はつらつとした店主の接客も気持ち良く、とても良い店でした。

スープカレーの名門「GARAKU」

札幌でスープカレーと言ったらここっていうぐらい定番&人気の店。

開店前から並ぶほどの超人気店です。

豚の角煮カレー。めちゃ美味です。

以前紹介した姉妹店のTresureとそんなに離れていないので、もしこちらが並んでて待てないようならそちらに行かれるのも良いと思います。

味はどちらも同じくらい美味しいですよ。

締めパフェ文化を牽引する人気店「パフェ、珈琲、酒、佐々木」

札幌には飲んだ後の締めはパフェ、という素晴らしい文化があります。

これがあるなら札幌に住んでも良いと思うぐらい素敵な習慣です、誰が発明したのでしょうか。

ということでしえのもその習慣に倣い、人気のお店である佐々木さんに行きました。

カシスとピスタチオのムースを使ったパフェ。悶絶です。

お酒を出すバーのスタイルでパフェとコーヒーがいただけます。

もちろんお酒もあります。

近くには佐藤という人気店もあります(系列かな?)

どちらも並ぶぐらい混んでいますのでご覚悟を。

ただしえのが訪れた時は誰も待っていなくてスッと入れました。

ボリューム満点のガッツリ中華「中華料理 布袋 本店」

中心地からはちょっと離れますが、人気の中華料理店にもトライしました。

布袋 本店というところで、狸小路からは歩いて10分ぐらいで着けます。

唐揚げが有名は店のようで、ランチBセット(唐揚げ3個+麻婆豆腐)を選びました。

見てください、かなりのボリュームです。

少食のしえのにはかなり修行レベルの量でしたが、何とか食べ切れました。

もちろん美味しかったです。

人気の店なので続々とお客さんが入ってきますし、混み具合によっては相席の可能性もあるようです。

独自のグルメが盛り沢山で飽きない札幌

いやー、札幌は美味しい店がたくさんで大変魅力的な街でした。

何よりメジャーなお店が狸小路周辺に集中しているので、次から次へと梯子が出来てしまいます。

そしてそのひとつひとつがしっかり美味しい。

もう堪りません。

今回のワーケーションは3月と4月の2回に分けて行ったのですが、とても満喫した一方でまだまだ行き足りない気持ちも残っています。

今度は自分のロードバイクを持ち込んで、サイクリング&ワーケーションで再訪したいとこです。

それでは!