【旅行記】ワーケーションで札幌行き、クラフトビール屋を巡る。

こんにちは!しえのです。

札幌といえばサッポロビールですが、実は中心地に実力派のマイクロブルワリーがひしめくクラフトビール好きにはたまらない街です。

もちろん抜かりなくトライしていきます。

クラフトビールを愛するしえのからしたら札幌は天国です。

移住してもいいかと思うぐらいでした。

ということでしえのが行って良かったと思った店を紹介します!

ワーケーションで訪れた場所の全貌はこちらです。

料理もしっかり食べられるオールラウンダー「月と太陽ブリューイング」

まず訪れたのは「月と太陽ブリューイング」。

数年前の出張時(まだクラフトビールがそんなに流行っていない時)、寄ってみたのですがビールも料理も美味しかった記憶が残っているので再訪です。

牛のカルパッチョ
唐揚げ

こちらはビールのバリエーションが広く常時提供されているので、自分の好みが決まっていない方でも色々試して楽しめると思います。

そしてグラスが素敵です。

グラスを買って帰りたかったですがミニマリストを目指しているので断念(現状程遠い)。

札幌駅にも近いmiredoにも店舗があります。

おしゃれな店内で気分良くビールが楽しめる「Tap Room Beer Kotan」

続いてはBeer Kotanというお店です。

こちらも独自のビールを提供していて、ビールのバリエーションも多かったので何度来ても楽しめます。

特徴的なのはビアフライトが上の写真のようにちょっと大きいサイズなこと!

よく見るビアフライトは少し大きいショットグラスで提供される形。

それでも十分楽しめるのですが、一つ一つをもうちょっと味わいたいと思ってしまう時もあるのがクラフトビールの性です。

その点こちらは一つ一つが大きく、それぞれをしっかり楽しめるサイズです。

ビール好きの習性を分かってらっしゃいますね。

料理もおつまみ以上しっかり目未満なラインナップで、ガッツリ食べなくていい&ビールを楽しむ人向けですね。

ラムのたたき・・だったかな。。

ビルの高層階にあるので札幌中心地の景色を眺めながらクラフトビールを楽しむことができます。

お店もおしゃれな感じで、たくさんの人が訪れていましたよ!

ハッピーアワーが嬉しい入りやすいビアバー「COOL BEER CRAFT」

次にご紹介するのは「COOL BEER CRAFT」。

狸小路商店街から少し出たところにあるお店です。

1階にあるのでフラッと立ち寄りやすいです。

帯広ビールとのコラボでここでしか飲めないクラフトビールもあります。

ビアフライトもあります

ここの魅力はハッピアワー!

しえのが訪れた時は18:00までの注文で30%オフでしたね、ありがたや。

ハッピアワーはコロナ蔓延防止云々とかで変動的と言っていたので、事前にTwitterで確認すると良いかと思います。

料理もおつまみ以上のものが用意されており、しえのが食べたハラミのたたきはなんと500円でした。

仕入れ次第なのでいつもあるメニューではなさそうでした(というかその日だけぐらいの勢い)。

めちゃ美味

お店にはフランクな女性スタッフもいるので、女性一人でも気兼ねなく入れる感じで良かったですね。

札幌では絶大な人気を誇る「Beer Bar NORTH ISLAND」

札幌のクラフトビール屋としてはかなり知名度の高いNORTH ISLAND。

しえのが札幌のことを調べる前からすでに知っていました。

Googleマップの評価も4.4とかなり高めです。

さぞかし混んでるかと思ってましたが、空いてて難なく座れました。

この時はカウンターに女子大生のバイトの子がいて、色々ビールのことを教えてくれました。

ちゃんと知識があってすごいなぁと感心。

料理はやはりおつまみ以上しっかり目未満ですね。少食のしえのには十分です。

魚のフリット
白ソーセージ。ビール屋らしいですね。

価格もクラフトビール屋その相場?よりちょっと安めな設定で、通いやすい印象でした。

19:00ぐらいになると割と人が入ってきたのでやはり人気の店なんだなぁと思いましたね。

回りきれないぐらいのクラフトビール天国、札幌

いかがでしたか?

他にもまだまだ札幌にはクラフトビール屋があるのですが、コロナで自粛だったりで営業していない店もありました。

そういう意味ではまだまだ札幌は開拓しがいのある魅力的な街です(クラフトビール目線)。

今回ご紹介したところは割と有名どころですので、これらをまずは押さえておくことをオススメします!

料理も美味しいですし楽しい時間になること間違いなしです。

それでは!