【旅行記】ワーケーションで広島へ。その1

こんにちは!しえのです。

コロナ後ようやく旅行に行ってきました。

GoToもありますしね。

今回はワーケーションとして半分旅行、半分仕事といった感じです。

しえのは広島に住んでいたことがあるので、メジャーな観光地にそこまで行く理由がありません。

なので最初のワーケーションとしてはちょうど良かったと思います。

そんな中でもしえの的に新しいスポットもあるのでそれらを紹介したいと思います!

行った場所の概要

広島と言っても県で見たらめっちゃ広いです。

しえのが今回訪れたのは狭義の意味での広島、つまり「広島市」です。

中でも地元の人たちが「街」と呼ぶ、中心地の「広島市中区」がメインになります。

そして今回行った場所をGoogleマップに載せてみました。

ワーケーションなので飲食店が多いですね。

今回の費用

今回は楽天トラベルでANA楽パックとして飛行機とセットで予約したのですが、飛行機+ホテル5泊でGoTo35%適用後で30,000円程度でした。

そこにさらにGoTo地域共通クーポンが7,000円がありますので実質23,000円です。

去年までの旅費からするとびっくりするレベルです。

ただ空路で広島にアクセスしようとすると、広島空港から広島駅までのバスは高いです(片道1,470円)。

平日だとバスが少ない(2時間ないこともある)のでフライトの時間とバスの時刻表をしっかりチェックされることをお勧めします。

出発地によっては新幹線の方が良いかもしれません。

今回のホテル

まずはホテルの紹介から。

今回はホテルインターゲート広島という所に泊まりました。

広島市内にはかなりホテルがたくさんありますが、ここを選んだのには当然理由があります。

結局楽しみにしていた大浴場は混雑していて滞在中1回しか行きませんでしたが、とても良いホテルでした。

部屋はスタンダードとワンランク上でソファもあるモデレートというのが選べ、1泊1000円も違わなかったので当然モデレートにするつもりだったのですが、予約時にあれこれ悩んでいたら結局スタンダードになってしまいました。

その部屋がこちら。

ご覧の通りスーツケースを置いても十分スペースがありますし、デスクもノートPC置いてもスペースがあります。

結果としてはデスクワークをすることを考えたらこれで良かったと思います。

そして気になっていたパブリックスペースもとても良かったです。

こんな感じでPC作業がしやすい大テーブル(コンセントあり)やソファやイスなどがバランス良く配置され、仕事して良し、休憩して良しでとても快適でした。

平日の昼間は人が数人しかいないのでオンライン会議も問題なくこなせました。

夕方17時から2時間はハッピーアワーと称してグラスワイン(赤と白、大盤振る舞い!)が提供され、たくさんの人が来ていました。

夜ゴハンは馴染みの居酒屋で

日中は仕事をしていますが、夜になると自由時間です。

昔よく出歩いた広島随一の歓楽街「流川」に出かけます。

いろんな飲み屋があるのですが、馴染みの店「獅魂 中新地店」へ向かいます。

お店のリンクはこちら。

https://hiroshima-shikon-nakashinchi.owst.jp

GoToイートの対象なので予約はホットペッパーがいいかもですね。

https://www.hotpepper.jp/strJ000631166/

昔から通うのにはもちろん理由があります。

  • 価格が手頃なのに美味しい
  • 袋小路にあるのであまり知られていない(?)のか大抵行けば入れる
  • 人が少ない時はお店の人が話し相手になってくれる

なので一人ゆっくりしたい時にちょうどいいのです。

そして何より料理の盛り付けがとてもきれい!こんな感じ↓

そして広島の地酒のラインナップもたくさんあります。

関東ではあまり見かけないお酒にも出会えます。

それともう1件通うのが、「貝や廉」です。

こちらは先ほどの獅魂 中新地店から徒歩10秒(!)の所にある、色んな貝が食べらるお店です。

通りに面していて、ガラス張りになっているので中の様子を見てから入店できます。

貝も色んな調理法で出してくれるのですが、しえのは断然刺身ですね。

こちらも美しい盛り付けに気分が上がります。

どちらも広島に訪れる際はぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

昼にも行けるクラフトビールやお好み焼きは次回に

いかがですか?

とりあえずはホテルと居酒屋の紹介でした。

もちろん他にもたくさん行っています。

大好きなクラフトビールや、広島と言ったらお好み焼き、そして汁なし担々麺なんてものもあります。

一気に書くと長くなってしまうので次回に書こうと思います。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

それでは!