【旅行記】ワーケーションで釧路へ。その1

こんにちは!しえのです。

ずいぶん前(2020年12月)なのですが、ワーケーションで釧路に行って来ました。

なので例のごとく行った先々をレビューしていきたいと思います。

釧路の概要

釧路はご存知の通り北海道の東の方にある都市ですね。

人口は17.5万人と少なめに見えますが、街の規模は大きかったですね。

12月に訪れた時は昼間でマイナス4℃みたいな気温で、さすが北海道という感じでした。

今回の費用

今回も宿はGoToを活用です。

4泊で8,900円(安い!)に1,000円分の地域共通クーポン付きでした。

フライトはこれまたPeachで成田-釧路 往復12,680円でした(ポイント払い)

もちろん預け入れ荷物がついているプランです。

これに釧路空港から市内までのバス950円がかかります。

合わせても23,480円で、4泊の旅行としては信じられないぐらいの金額ですね。

今回泊まったホテル

今回は「ホテルパコ釧路」に泊まりました。

[楽天トラベルのサイト] ホテルパコ釧路

2020年6月リニューアルしたとのことで、内装は部屋もロビーもスタイリッシュでした。

泊まったのはシングルルームですが、ベッドはダブルのサイズがあって大きめです。

デスクと椅子もあるのでちゃんと仕事ができます。

奥にあるデスクにPCを置いてみるとこんな感じ。

セカンドモニタを横に並べる余裕はなく、若干重なるように置くことになりました。

https://twitter.com/sienomango/status/1341553198029402113

部屋にはバスタブがなくシャワーのみですが、大浴場(露天風呂&サウナ付き)があるので全く問題ありませんでした。

また大浴場へ向かうフロアには、ちょっとしたテーブルやカウンターがあり、ワーケーションに向いていそうでした。

ただしえのが通った時は人はいないものの換気扇の音が結構大きかったです。

ノイズキャンセリングイヤホンしながらなら良いかもですね。

そしてここは釧路の飲み屋街である末広町のそば(徒歩1分レベル)なので夜のお楽しみに困ることはありません。

冬で寒いので何分も歩けないですし、近いのは非常に助かりましたね。

恒例のラーメンパトロール

ではいつものパトロールに行ってみましょう。

今回訪れたのはラーメン寶龍栄町店です。

外が極寒の中、店内は鍋の湯気でしっかり暖かく、ラーメンがより美味しく感じられました。

お店のオバチャンもとてもフランクでとても良い気分で食事できました。

クラフトビールのパトロールはお休み

もう一つの恒例、クラフトビールですが今回は良さげな店にありつけませんでした。

末広町では1件、クラフトビールあります!って書いてある店がありましたがあまり惹かれず・・

って今回はスキップです。

北海道のお楽しみスープカレー

北海道といえばスープカレー!

しえの大好きです。

今回はホテルのそばで営業していたCARBONというお店にランチ時間に行きました。

見るからに美味しそうじゃないですか?

ボリュームもたっぷりでとっても美味しかったです。

大満足。

釧路川を眺めながらのランチ

別日に行ったのは、釧路倶楽部さんというお店。

大人の趣味の部屋といった感じの味のある店内で、釧路川を眺めながらランチを食べることができます。

しえのが訪れた時は、阿寒ポークのケチャップ和え?みたいなのがあったので頼んでみました。

店内はかなり静かなので、落ち着いて食事が出来ました。

釧路名物のスパカツ!

しえのもこちらに来るまで知りませんでしたが、スパカツというのが釧路名物であるようです。

その発祥の店?でもあるレストラン泉屋総本店へ。

いやー、なかなかのボリュームで少食のしえのにはヘビーでした。

でも出されたものは食べ切るのをモットーにしているので時間をかけて食べ切りました。

ほどほどの価格でガッツリ食べたい人にはおすすめです。

静かながら色んなグルメが楽しめる釧路

いかがでしたか?

釧路といえばもちろん海鮮のイメージですが、それ以外にも色んなゴハンがありますので食事に飽きることはないと思います。

冬はやはり極寒で外に出るのも億劫、というかホテルの窓から冷蔵庫の中みたいな冷気が流れるほどですが、温泉の大浴場でしっかり温まれるのでそれもまた醍醐味です。

次回はレンタカーを借りて出かけた先をご紹介していきたいと思います。

それでは!